交通安全対策(道路改良)についての要望書を提出しました。

令和3年3月11日、「一般県道長安寺西岡屋線並びに国道176号の交通安全対策(道路改良)についての要望(切望)」を大山地区自治会長会、大山郷づくり協議会、長安寺自治会の連名で、兵庫県丹波県民局、兵庫県議会へ提出し、その側面支援を丹波篠山市へ要望しました。

内容は、大山地区地域住民の地域生活に欠かせない、次の箇所の交通安全対策を早期に実施していただきたいという要望(切望)です。

・一般県道長安寺西岡屋線(長安寺交差点から東木之部間)の歩道設置 約750m

・国道176号線危険交差点横断歩道等への信号機設置 3か所

・国道176号線歩道未設置区間への歩道設置 3か所

「切望」という形での再要望であり、地域社会の変化に応じた地域運営づくりのため、早期に実現されることを願っています。